嗜好文化~煙草、時々酒~ 「お知らせ&お値打ちなタバコ情報」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お知らせ】
まずは、お知らせです。
この度、ブログ名「日本の娯楽文化~煙管~」を、
ブログ名「嗜好文化~煙草、時々酒~」に変更しました。

お手数ですが、リンクしていただいている方、リンク名、
変更お願いいたします。



【お値打ちな煙草の種類】

お値打ちな煙草といえば、一般的なのが
「エコー」「わかば」「しんせい」
「ゴールデンバット」(《「バイオレット」「うるま」》《》←内は沖縄限定)
と、旧3級品たばこと言われている紙巻たばこ(シガレット)。

内、フィルターが付いているのが「エコー」「わかば」
「バイオレット」「うるま」。
「ゴールデンバット」も、1997年、タール11mg、
ニコチン1.0mgで290円で全国発売されたが、その後廃止された。

ゴールデンバットは、現在最安値200円。
日本最古の銘柄として有名。
芥川龍之介や太宰治、中原中也が吸っていたと言われている。
葉巻や、パイプを好む方には、受け入れられやすい味だと言われている。

私は以前「セブンスター・メンソールボックス」を愛煙していたのだが、
一昨年、1箱1000円増税案が出たので、大幅増税対策として、
パイプ、水パイプ、ゴールデンバットにフィルターなど、
試しては見たのだが、納得いかず、その後、煙管を試してみると、
懐かしい香りと煙管への愛着。
そして何より、三日にひと箱というお値打ちな吸い方にめぐり会えた。

「煙管」のたばこは「小粋」というたばこ
(ひと箱10g、タール不明、ニコチン不明、現在の価格360円)で、
煙管によって味が変わる。

煙管の他に、現在お値打ちだと思うたばこが、手巻きたばこ。
「シャグ」と呼ばれており、種類は豊富で、50g1000円前後で売られている。
自分でブレンドも出来、フィルターは「スリム」
「メンソールスリム」「レギュラー」がよく売られている。
巻紙付きのパウチもあり、また、巻紙は50枚で105円~210円。
巻紙だけでも味が変わり、組み合わせが面白い。
巻き方は「手巻き」「ローラー」「チュービング」など、自分に合った物を選べる。

この「シャグ」一週間に1000円くらいの出費で済む。
巻く楽しみ、ブレンドの楽しみ、組み合わせの楽しみなどがあり、
中には無添加のオーガニックタバコまである。

たばこを楽しみながら吸うと、自然と、吸う本数も減る様だ。
結果、お値打ちになるという物。

私の一番好きなシャグは、カプチーノ。
コーヒーが体質的に駄目な私は、それでもコーヒーが好きなので、
シャグで楽しんでいる。

あなたのお値打ちで、楽しめるたばこも、探せばあるかも知れません。
ここに、マイナータバコ情報のリンクを張っておきますので、
ご自分の住む地域のたばこ専門店を探してみては?
http://www.wikihouse.com/tobacco/index.php
Secret

TrackBackURL
→http://bunkasmoking.blog25.fc2.com/tb.php/9-ad445acc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。