嗜好文化~煙草、時々酒~ 煙管の魅力~其の弐~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
煙管の魅力とはなんだろう?
時代劇で見た事があったり、
おじいさん、おばあさんに話を聞いたりした方も居るのではないだろうか?

以前、ベンチでキセルをくわえていると、
キセルが話題になり、
おじいさん、おばあさんと会話に「懐かしい」花が咲いた。
あるおじいさんの話によると、
おじいさんのお祖母さんが「椿」の葉っぱを丸めてキセル替わりにしていたそうな。
そう、キセルとは、今で言う「フィルター」なのだ。
火皿に詰めた刻みたばこ(刻み)に火が着いた状態で、
息をする程度に吸うと・・・。

紙巻たばこのフィルターは、普通、煙を濾(こ)した状態にする物の事。
フィルターでタールやニコチン(ヤニ)が濾されて、
マイルドになるというもの。

一方、キセルというフィルターは、キセルに(キセルの素材や長さに)よって、
自分好みのフィルターに出来る。
キセルというフィルターは、キセルを通して煙草の煙を吸う時に、
冷やされる事によって、キセルの管の内側に吸着される。
そして、吸口から出てくる頃には(キセルにもよるが)マイルドになっているというものだ。
刻みたばこは、現在「こいき」しかないが、
キセルによっては、味が天と地ほどに違う。

行き着けのたばこ屋、兼喫煙具屋のご主人(喫煙具アドバイザー)が言うには、
銀無垢が一番美味しいらしいが、わたしには、まだまだ手が届かないのが現実なので、
この魅力は説明できない。
だが、骨董品市で、銀無垢のキセルが安く売っている場合が最近は多いらしい。
実際、そうやって新品よりも十分の一の値段で銀無垢を手に入れた人の話をご主人に聞いた。
なんでも古いキセルは、羅宇(ラウ(ラオとも)キセルの火皿と吸口をつなぐ、竹で出来た管の事)が傷んでいるので、
修理に出すそうだ。
その値段を入れても、5000~6000円と聞いた。

また、以前、友人が詰まったキセルを直しているところを見ていたが、
(銀無垢のキセルではなかったが)
キセルの羅宇は、他の物でも代用がきくようで、
友人は、竹の筆を100円ショップで買ってきて、
それをカッターで削り、火皿(雁首(がんくび))と吸口にはめ込んでいた。
そうすると、骨董品市で値切ったとして、
1000円~2000円の銀無垢の火皿と吸口に、100円の筆と、カッターがあれば、
銀無垢のオリジナルのキセルが完成する。

思えば、一ヶ月(節煙して)10000円近く買っていた(増税前)セブンスターが、
掃除用のモール(針金に綿を巻いたもの)と「こいき」を10箱(1カートン?)買っても(増税後)
10000円の予算が6000円くらい余っている。
しかも、吸いたい放題。

次回は、湿度管理と試験的に試しているメンソール小粋のお話。
Secret

TrackBackURL
→http://bunkasmoking.blog25.fc2.com/tb.php/2-1c9915f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。