嗜好文化~煙草、時々酒~ 言葉では言い表せない程の感動~あやめ&ききょう~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、いきつけの喫煙具屋に買い物に行きました。
目的の物は「パイプ、6000円以内」に「カピート、1470円」
「こいき、二箱」「パイプ用のラタキアブレンド」「その他パイプ用品一式」
それと「手巻き用の消耗品」&「うるま&バイオレット」でした。

12月に悔しい思いをしていたので、
キセル持参♪

社長に先日コメントをいただいていた方の話をすると、
「ああ、それならあるよ♪」と。
私が「見るだけでいいですので。。。」と言うと、
「ああいいよ」と。
見せていただきました!!

「あやめ」と「ききょう」!!
感動して、手を合わせて拝ませていただいていると、
社長。
「キセル持って来てたらね~。。。」と言うので、
すかさず「持ってきてますよ♪」と伝える。
「じゃあ吸ってく?」と恐れ多いのですが言ってくださって、
「いいのですか?」と聞きなおすと、
そのコメントをいただいた方が持って来てくださったとのこと。
そして、その方の「ききょう」と「あやめ」を預かっているとのこと。
その方に断りなくいただくことになるので、
申し訳ないと思いながらも、人生、二度と来ない経験を優先してしまいました。

申し訳ありません。

JTの「たばこ博物館」にもパッケージの紙しかないとのこと。
「あやめ」の中身を吸わせていただくことは、
先日、コメントをいただいた方もそうだと思いますが、
滅多というよりも、あり得ない経験。
と言う方が正しいと思います。

「あやめ」の味ですが、長い年月を感じられる風味で、尚且つ、懐かしさを感じる味でした。
郷愁の味とでも言うのでしょうか?
とても深みがありました。
社長が言うには「昭和19年頃まであったと思う」とのことでした。
「あやめ」は、その方が仕事関係だったと思うのですが、
蔵の中にあったのを「こちらにあった方が良い」という事で、
預けてある形のようです。

「ききょう」の方は、昭和の時代を何故か思い浮かべる懐かしさでした。
1979年に廃盤になったのを知っているからでしょうか?
こちらは、そのコメントの方が、骨董市で買ってきた物らしいです。

きっと、家の祖父は、たばこが好きで、大正生まれだったので、
「あやめ」も「ききょう」も呑んでいたと思いますが、
平成の世になって、当時の物が呑めるというのは、
これは感動のほかなりません。


話は変わりますが、沖縄限定の「バイオレット」のレビューです。

violet

銘柄:バイオレット
価格:240円
タール:17mm
ニコチン:1.2mm
本数:20本

ソフトパッケージ
フィルター付

味は、タールが多いので、辛さ的にはハイライトに近く、
しかしながら香りが良い。
値段も手ごろで、他の紙巻たばこが500円近くする中、
それよりも、正直美味しかった。
薬の臭いは余り感じられず、葉っぱのにおいも気にならなかった。
立春を迎え、暖かくなって来た陽気は、
このバイオレットを吸ったからではないか?と、
すこうし、妄想も入り、沖縄気分を味わっていました。
240円とは思えません。
おすすめです。

「あやめ」「ききょう」を呑ませていただいた方へ。
↓↓↓
改めて、奈良人さん、ありがとうございます。
そして、断りなくいただいて、申し訳ありませんでした。
でも、誰にでも吸わせるという物ではないようでした。
この経験、大切にしていきます。
本当にありがとうございます。
Secret

TrackBackURL
→http://bunkasmoking.blog25.fc2.com/tb.php/10-affd106f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。